作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2021年2月22日 尖閣戦における米海兵隊の有用性

 米陸海空3軍は作戦行動を起こすとき大統領および議会の承認を要しますが海兵隊だけは事後報告も可能、併せて警察機能も有しており自己完結性に優れております。
 ワシントンの海兵隊総司令部に行きますと戦歴表示の大きなプレートがありますが、「これからもどんどん戦うぞ」と言わんばかり、大きなスペースが未来に向けて空けられています。
 尖閣戦勃発時、大統領がぼやぼやしていても在日米軍司令官の判断により最小限度の行動を起こすものと察せられます。

ページのトップへ戻る